低酸素トレーニング-05

低酸素トレーニングを都内某所の「低酸素ルーム」で体験してきた!!

『低酸素トレーニング』色々なスポーツで

アスリート人は、既に実践していると耳にします。

が、わたしのような”一般人”の間でもチラホラと、、、

「低酸素トレーニングをしている!」という人が増えて来た気がします。

聞いた事あるけど、、、実際のところどうなの?

普通のトレーニングと何が違うの?

効果はどうなの?

そんな疑問をお持ちの方も多いと思うので、今日はわたしが

低酸素トレーニング体験に行ったお話をしたいと思います!

スポンサードリンク

『低酸素トレーニング』との出会い

低酸素トレーニング-01

わたしが「低酸素トレーニング」と出会ったのは、

先輩ランナーからの紹介でした。

※詳しくはこちらの記事に書いてあります。

関連記事

『サブ4達成』 フルマラソン出走経験者なら、ピンとくるワードかと思います。 フルマラソン(42.195㎞)を4時間以内でゴールすることを 目標とするランナーは多いです。 わたしも、そのうちの1人でした。 なぜラ[…]

サブ4-04

フルマラソンを何回か走り、サブ4.5(4時間半以内にゴール)をしてから

次の目標は「サブ4だ!」と思ったわたしは

サブ4を達成した先輩ランナーに「サブ4を達成するまでにした事」を聞きました。

正確には、、、聞き出しました(笑)

そして教えてもらった事が2つ。

  • 1つ目:サブ4達成を目指す練習会に参加する
  • 2つ目:低酸素トレーニングを行う

この時初めて「低酸素トレーニング」という言葉を耳にしました。

これがわたしと「低酸素トレーニング」との出会い。

『低酸素トレーニング』とは一体??

低酸素トレーニング-02

「低酸素トレーニング」と聞いたら、あなたならどんなことをイメージしますか?

東京OLちゃん
東京OLちゃん
山とかに行って酸素の薄いところで走る練習するのかな?とか、手っ取り早くできるのは、風邪の時に着用するマスクをつけて”低酸素状態”にして走るのかな?

これくらいしかイメージできなかったのですが、、、

まぁこれはわたしのイメージ力が低いとかではなくて

同じようなイメージを抱く人が多いのではないかな?と思うのですが…

どうでしょう?

そもそも「低酸素トレーニング」とはなにか?

低酸素トレーニングとは「高地トレーニング」のことで、
人間の環境への適応能力を活かし、運動能力向上につなげるトレーニング方法。
高地とは、低圧、低酸素、低温の環境のことで、効果的な標高は1500~3000mとされています。
高地では酸素濃度が薄いため人間の体は酸素を取り込みにくくなり、血中の酸素濃度が低下します。
体は環境に適応した酸素濃度を確保するために、体内で赤血球数や
ヘモグロビン濃度を増加させます。この体の適応能力を活かして
結果につなげることを目的としている。

ネコニャー
ネコニャー
なんだか難しそうだニャー。間単に言うと、とにかく酸素が薄いところでやるトレーニングなんだニャ!

『低酸素トレーニング』メリット・デメリット

低酸素トレーニング-03

なにごとも、メリット・デメリットがあると思います。

ただその割合は重要ですよね。

では「低酸素トレーニング」のメリットとデメリットは??

【低酸素トレーニングのメリット】

・持久力のアップ

・酸素運搬・消費力のアップ

【低酸素トレーニングのデメリット】

・トレーニング方法(行う場所)

・長期・定期的持続の必要性

人間”適応能力”を活かし、結果につなげるのが、
「低酸素トレーニング」(高地トレーニング)の最大の特徴と言えるでしょう!
平地ではかけることのできない負荷をかける分、体の能力を引き出すことができので、
競技種目や目的に合わせ、適切な負荷・期間を設定することで
パフォーマンスアップに繋がること間違いなし!

『低酸素トレーニング』の体験に行ってみた!

低酸素トレーニング-05

既に低酸素トレーニングを行っている先輩ランナーに、都内某所にある

『低酸素トレーニング』が行えるジムに連れて行ってもらった。

ドキドキ・ソワソワ

ジムに行くと個室があり、その中に1台ずつトレッドミルが入っている。

その部屋を開けると”低酸素”状態になっているという。

さらっと説明を聞き「体験してみますか?」と聞かれ

「お願いします!」と伝え、更衣室でウエアに着替えた。

シューズは無料で貸し出してくれた。

低酸素ルームに入る前に、血圧と脈?みたいなのを計った。

健康診断の時くらいにしか血圧なんて測らないから、

いつもと同じくらい とか いつもより高いor低いとかもわからないけど(笑)

初体験の前で心拍が上がっていたかもしれない(笑)

そして、低酸素状態になっているとい低酸素ルームの部屋の扉を開けた・・・・・

『低酸素トレーニング』をしてみての感想は・・・

低酸素トレーニング-06

低酸素ルームのドアを開け、中に入る。

東京OLちゃん
東京OLちゃん
空気薄くて倒れちゃったりしないのかな??

と一抹の不安を抱えていたのだけど、実際入った感想は

「ん?これが低酸素ルームなの?」というくらい、わたしは

変化があまりわからなかった(笑)鈍感?

低酸素ジムのトレーナーさん
低酸素ジムのトレーナーさん
まずは低酸素状態に慣れるところからスタートしましょう!

数分お話タイム。

低酸素ジムのトレーナーさん
低酸素ジムのトレーナーさん
気持ち悪いとか、頭が痛いとかありませんか?
東京OLちゃん
東京OLちゃん
いえ!全然大丈夫です!
低酸素ジムのトレーナーさん
低酸素ジムのトレーナーさん
よかったです!では、スタートしましょう!

普段、外を走るペースよりも

普段、トレッドミルで走るペースよりも

ずっと遅いペースでOKとのこと。

そして、低酸素ルームで走る時間が30~40分と決められていた(そこのジムは)

30~40分走っただけでも、低酸素状態なので効果は2時間走ったのと同じくらいとか!

忙しい現代人にはとっても有難いですよね!

でも、速度がいつもよりゆっくりだから「これ効果あるのかな?」と思ったのが

実際のところ。

10分毎にトレーナーさんが、心拍とVO2MAXを計りに来てくれて

体調の変化などを管理してくれる。

VO2MAXとは、運動中に体内に取り込まれる酸素の最大量の事。
最大酸素摂取量とは「有酸素運動能力」を意味し、全身持久力の指標として用いられています。
聞きなれた言葉で表すと「心肺機能」」
VO2MAXは、日本語で“最大酸素摂取量”を意味し、名称は V = 量(volume)、O2 = 酸素、MAX = 最大限(maximum)に由来しています。
単位は、毎分リットルなどの絶対量、もしくは、mL/(kg・分)などの体重に対する相対量を使用します。
「VO2MAX」は、成長とともに上昇するため、幼少期からの成長過程でいかにトレーニングしてきたかで差がつくらしいです!

例えば

低酸素ジムのトレーナーさん
低酸素ジムのトレーナーさん
どうですか?疲れていませんか?

と聞かれ、

東京OLちゃん
東京OLちゃん
はい!絶好調です!

と答えたとします。

けれど、心拍だったりVO2MAXは正直なので

自分が「元気元気、まだイケる!」と思っても

身体が実はお疲れモードだったりすると、数値でちゃんと現れるので

トレーナーさんはトレッドミルの速度を上げず、「このままのペースで行きましょう」

と判断してくれるそうです。

そして40分間、低酸素ルームで走り、終了。

普段外を走るペースよりも、普段トレッドミルで走るよりも

遅いペースなので、全然疲れていないというのが正直なところ。

ただ、低酸素ルームを出たら「あ!空気が違う!」と思わず発したほど

やっぱり「低酸素だったんだ」とわかる(笑)

着替え終わり、トレーナーさんに感想を聞かれた。

↑上記で述べたことを伝えたら

低酸素ジムのトレーナーさん
低酸素ジムのトレーナーさん
低酸素トレーニングは1回行って、すぐに何かが変わる事はないのですが、回数を重ねて行くと色々と身体の変化を感じられますよ!もちろん、それはマラソンにも大きく影響してきます。今は特に変化は感じないと思うのですが、2時間走ったのと同じくらいの効果があるので、いつもより良く眠れると思います!

と。

まとめ

低酸素トレーニング』がどんななのか?

説明を何度も聞くよりも、やっぱり百聞は一見にしかず!ということで

体験できてよかった。

低酸素ルームで30~40分、普段よりゆっくりペースで走っている時は、

普通に(有酸素で)早いペースで走る方がいいんじゃないか?と思ったのだけど

トレーナーさんに言われた通り、帰宅する帰りの電車の中で睡魔に襲われた。

そして帰宅したら、バタンキューZzz

普段よりもゆっくりペースで40分くらいしか走っていないと思ったけど

そこは「低酸素トレーニング」なんだな!と実感。

こんなに眠くなったの初めて。

と、いうわけで そういった体験や実際「低酸素トレーニング」を行ったことで

フルマラソンの結果を出した先輩もいるので、わたしも「低酸素トレーニング」を始めてみようかと。。

その記事はまた更新します!

低酸素トレーニング-05
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:689 Stack trace: #0 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/grumediet...') #2 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/index.php(17): require('/home/grumediet...') #3 {main} thrown in /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 689