別れた彼女を思い出してしまう瞬間。別れても思い出して欲しい人必見

突然ですが、あなたには忘れられない昔の恋人はいますか?
別にそれが1人でも2人でも、、、何人いてもいいと思うんですが(笑)
逆に、自分の事を「忘れられない昔の恋人」と思ってくれてる人っているのかな?と考えたこと、ありませんか?

自分は、大好きで大好きでたまらなかったのに・・・突然色々な理由で別れてしまうこともありますよね。自分が相手を嫌になって別れるのとは違って、気持ちの整理がつかない。なにごとにもやる気が出なくて、、、「今頃あの人は何してるのかな?」なんて考えてみたり。
知りたいような、知りたくないような。知らない方がいいことも。。。
それは男女問わずあると思います。そんな大好きだった人だからこそ、時間が経っても、フラれたとしても「忘れられない昔の恋人」として脳が覚えてるものですよね。
そんな大好きだった「忘れられない昔の恋人」にも同じように「忘れられない昔の恋人」なんて、思われたくないですか?

スポンサードリンク

女性は視覚、男性は嗅覚で恋をする?!

聞いたことありませんか?この【女性は視覚、男性は嗅覚で恋をする】というフレーズ。
これ、わたしが付き合った彼らが、まさしく証明してくれた出来事があったのを思い出したんです!!

当時付き合ってたA君と駅で待ち合わせしてました。待ち合わせ時間より早く来てたA君を見つけて小走りして近づく私。
でもA君は音楽聴いてるし、スマホを真剣に見てるし、私に背を向けてるから全く私に気付いていない。
「お待たせ~」とビックリさせようとしたら、A君に触れる前にA君が振り向いてしまい、結果私が逆にビックリしてしまった。
「今驚かそうと思ったのに~なんでわかったの~?」と聞いたらA君が
「”東京OLちゃん”の匂いがしたから」と。

また別のB君の場合、B君とデートしてた時
「そういえば今日、ぷらぷらしてる時に”東京OLちゃん”がいるのかと思ってキョロキョロしちゃったんだよね」と一言。
「わたしに似た顔の人でもいたの?」と聞いたら、回答は「うーうん。”東京OLちゃん”の匂いがしたからさ!」と。

東京OLちゃん
東京OLちゃん
やっぱり男性にとって「匂い」って大きいんだなぁと。
よく、髪を切っても気付いてくれない彼氏や旦那さんがいて、喧嘩になった!とか聞くじゃない?だからやっぱり男性は「視覚」ではないんだよね。

でももし”東京OLちゃん”が使ってる香水を変えたらどうでしょう。

わたしに背を向けて音楽をガンガン聴いて、真剣にスマホを見ていたA君は気付かないはずだし、B君だってわたしが近くにいるかも?!なんてキョロキョロもしなかったはず。
だからこの【男性は嗅覚で恋をする】は間違ってないですよね!!

ならばこれを利用しない手はないのです!!

ずっと忘れられない昔の恋人になる為に、今すぐ誰にでも簡単にできること

「自分」という存在を忘れて欲しくないな!と思う相手がいたら、今すぐ!誰にでも!簡単にできることがあります。

それは

もうおわかりですよね。

別れた彼女

【匂い】という記憶を残すこと。
わたしのように”東京OLちゃんの匂い”と思わせればこっちのモノです!
わたしの場合は「香水」だったけど、シャンプーの香りとかボディークリームの香りとか、なんでもいいんです。
それが、彼も好きな香りだと尚更いいと思うので、一緒に選ぶのもいいと思います。
「これいい香りだね」と選んだ香りをつけてデートをすれば、彼はその香りを「あなた」と認識してくれるようになります!!

万が一、別れてしまったとしても その香りをどこかでふと嗅いだ瞬間あなたの事を思い出すこと間違いありません。
現に、男友達が言ってました。「あの香水の香りがすると、元カノがいるんじゃないかって、振り返っちゃうんだよね」と。

ん~切ない。でも、忘れて欲しくない相手が自分の事をそんな風に思ってくれたら、なんかちょっと嬉しいですよね。

もちろん、別れるとか別れないの関係性じゃなくても「自分の香り」が誰かの記憶に残ってるのも、いいかな。その時は、いい香り♪という意味でね。

ちなみに、付き合ってた彼に限らず男性受けのいい香りは、これでした↓↓↓
こちら 海外では男性でつけてる人もいるみたいですよー!

Chloe(クロエ) クロエ オードパルファム 単品 50mL

Chloe(クロエ) クロエ オードパルファム 単品 50mL

5,693円(10/01 05:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:689 Stack trace: #0 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/grumediet...') #2 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/index.php(17): require('/home/grumediet...') #3 {main} thrown in /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 689