川越小川菊のうな重を毎年欠かさず食べる理由。心を奪った衝撃の言葉

土用の丑の日でしたね。

今年も川越の小川菊で「うな重」を食べて来ました。

数年前から「うな重を食べるなら 川越 小川菊」と決めています。

それは、衝撃の一言が忘れられないから・・・・。

スポンサードリンク

なぜ土用丑の日に川越小川菊のうな重なのか?

小さい頃は、特に意識していなかった「土用の丑の日」

社会人になり、会社のおじ様に「土用の丑の日だから鰻を食べに行こう!」と

毎年連れて行ってもらったのがきっかけで、この日を意識するようになりました。

おじ様方って、昔からの習わしを大切にしてますよね!

そんな おじ様方が定年してしまった時

ふと、誰と食べに行こう?と考えた時に浮かんだのが・・・

祖母でした。

今までは おじ様に誘われたら行く!という受身だったけど

最近では自ら「今年の土用の丑の日」を検索する程に(笑)

もちろん、今までも「うな重」を食べに行ったことは多々あります。

ましてや祖母は私よりもなが~く生きてるし、舌も肥えてる。

そんな祖母をお誘いするから、最近出来たばかりのお店というよりは

古くからの伝統がある うなぎ専門店がいいな。と検索してたどり着いたのが

”創業以来200余年 川越 小川菊”

おおぉぉ~いいじゃないの、こういうの!と予約しようと思ったら

「予約は承っていないので、整理券をお渡しします」と。

「予約できないから、それまで川越散策してお腹空かせてうな重食べよ!」と提案。

11時のオープンと同時にお店に到着するも、整理券は30番とか。

1時間後くらいにまた様子見に来よう。それまで散策だー!とプラプラ

1時間ちょっとで入れました。

テーブルについてからも少し待つ。

時間は12時半くらい。散策して腹ペコ。

食べ物を美味しく食べるコンディションはバッチリ!!!

そしてテーブルの前に出された宝石箱!ではなく「うな重」

犬ならヨダレがタラタラです(笑)

「いただきまーす」の後は、2人とも黙々と食べる。

食べる。

食べる。

そして

「や~美味しいね。今まで食べて来た うな重の中で1番美味しい」と祖母が一言。

え??!!

い、1番?

「うん、1番美味しいわ。また来年も食べに来たい」

彦麻呂のようなコメントは出来なくても、そんな一言が1番、私も嬉しかった。

何を基準に祖母が”1番”に選んだかは、あえて聞かなかった。

人の味覚はそれぞれだけど、私は毎年祖母の

「やっぱりここのうな重が1番」という言葉と笑顔が見たくて、小川菊に来ています。

鰻は体力がつく!とも言われてますが、こうして来年も再来年も

祖母と一緒に「うな重」が食べれるよう長生きしてもらいたいと思う孫なのでした。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:689 Stack trace: #0 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/grumediet...') #2 /home/grumediet/grumediet.com/public_html/index.php(17): require('/home/grumediet...') #3 {main} thrown in /home/grumediet/grumediet.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 689